手料理に対しては言葉のチョイスに配慮を

料理好きな男性もいるので家庭の料理を、率先して男性が作る家庭もありますが、女性が毎日の食事は担当という夫婦もやはり多いです。
結婚をしたら奥さんの美味しい手料理が食べられると、期待に胸を膨らませる男性は少なくはないですが、たまには料理がイマイチと感じる事もあります。
夫婦生活に無駄な歪みを作らないためにも、あまりおいしくはないメニューが出てきたとしても、ストレートに上から目線で言葉にしてはいけません。
共働きをする夫婦で奥さんが料理担当であれば尚のこと、まずいと文句を言って残すようではお子様のすることです。
食事の感想を口にするときにはストレートにまずいとは言わないこと、言葉のチョイスには十分に配慮をしなければなりません。
相手を傷つけないように、逆なでしないように気を遣い、料理を作ってくれた感謝をまずは言葉にすることです。
奥さんは飯炊きのためにいるわけではないので、食事を作ってくれるのは当たり前ではありません。
嘘でも美味しいとほめて感謝を口にしてから、疲れを回復したいからもう少し味付けを濃くしてほしいなど、ほめてから軽くリクエストを加えるなど、頭を使うことです。